半日陰☆家庭菜園

半日陰でも育つ野菜とその育て方、わかりやすく♪ご紹介します

あずき菜(南天萩)<水耕苗の定植>

[画像がありません]
水耕苗の定植(4月7日)
37日目。あずき菜(南天萩)が、だいぶ大きくなりました。今日はいよいよ土に定植です♪ 来年の春が楽しみだなぁ。早く若芽を天ぷらにして食べたい(笑)。スーパーで手に入らないものを育てるのは、なかなかいいね。

[画像がありません]
発芽はこんな感じ
面白かったからパチリ。野菜の種は、ふたばにくっついてくるけれど、あずき菜(南天萩)は、種の中から、根と芽が分かれて出てくるのね。

[画像がありません]
定植
10号鉢に土を入れ(去年ナスを栽培した土)、よく湿らせておきました。そこに穴を掘って、あずき菜をスポンジごとセット。

[画像がありません]
定植
土をかぶせて出来上がり♪ ペットボトルに残っている水耕栽培用培養液をすべてかけてやりました。
これから1週間くらいは、要観察♪です。水耕栽培で育った根は、土からの養分は吸えません。土に適した根が生えてくると、新しい葉が出てきます。うまくいくといいなぁ・・。

キュウリ<水耕苗、土へ移植>

[画像がありません]
水耕苗、土へ移植(4月6日)
30日目。水耕栽培で育てたキュウリが、こんなに大きくなりました! 家の中に土を持ち込まない方針の我が家では、冬の間、苗を水耕栽培で育てています。ナスや鷹の爪など、いろいろやりましたが、今までで最も大きく育ちました。デカ過ぎ(笑)。黒ポットに収まりそうもないので、いきなり土に定植することにします。

[画像がありません]
定植
510型プランターに土を入れ、事前によく湿らせておきます。穴を掘って、スポンジごとキュウリをセット♪

[画像がありません]
定植
土をかぶせてできあがり。ペットボトルに入っていた水耕栽培用の培養液を、上からたっぷりかけてやりました。
水耕栽培で出る根は、土からの養分が吸えないのだそうです。これから1週間ほどは、土が乾かないように十分気を付けて、土環境へ適応していくのを暖かく見守ってやりたいと思います♪

茎ブロッコリー<徒長苗のその後>

[画像がありません]
徒長苗のその後(4月5日)
245日目。<まとめ> 今回は、日照不足で苗作りを失敗。苗がかなり徒長してしまいました。そのまま大きくなった茎ブロッコリーは、12株すべてこんな感じ。収穫量は?と言うと、購入した苗で育てた昨年と比べ、大きく減少したかと言えばそうでもないような。違うのは、今年の茎ブロッコリーの方が甘味が強く美味しかった、ということです。野菜は、ストレスを与えると甘くなる、という話を聞いたことがあります。甘くなったのは、そのためか、はたまた肥料を控えたためか・・。

[画像がありません]
地中はこんな風になってた!
徒長部分を土に埋めて定植したのですが、そこからまた根が出ていたようです♪ 今後、似たような苗ができてしまったらどうするか?と考えると迷います。最後まで育ててよかったな、とは思うけれど、早い段階で種まきし直してもよかったのかもな~とも。結局結論は出ず(笑)。

サヤエンドウ<初収獲>

[画像がありません]
初収獲(4月4日)
152日目。成ってました!! 花に気を取られて、全然気が付かなかった(笑)。まだ早いかな。とりあえず初収獲。さっと茹でていただいてみるとします♪

イチゴ<剪定>

[画像がありません]
剪定(4月4日)
126日目。この春に出た新しい葉が大きくなったので、古い葉を剪定しました。苺の葉は、古くなると緑色が濃くなります。新しい葉が出てきたら、古い葉は「お疲れさま♪」。養分を取られないようにはさみでカットしてやります。
私は野菜の経験は浅いのだけれど、苺は10年選手。苺は、ほっといても成ります! でも、大きな実をた~くさん取りたいなと思ったら、剪定してあげるといいようです。

[画像がありません]
苺の傘♪
大きな葉が苺の傘みたい! 実を直射日光から守ってあげてるみたい♪ かわいいよね、苺って。

広告を非表示にする

サヤエンドウ<満開!!!>

[画像がありません]
満開!!!(4月6日)
154日目。サヤエンドウ。白花のカーテン! 私は、花にはあまり興味ないのだけれど、これにはちょっと感動。えんどう豆、育ててよかった♪・・まだ収獲できてないけど(笑)。

茎ブロッコリー<最後の収穫>

[画像がありません]
最後の収穫(4月3日)
243日目。茎ブロッコリーがいよいよラストです。残っている小さな葉まですべて収穫。半日陰の環境で、よくぞここまで頑張ってくれた茎ブロッコリーくんたちに感謝しつつ、最後の最後までありがたくいただきます。

[画像がありません]
この通り♪
ひと株、まるまる完食の図。

[画像がありません]
ブロッコリーまるごと炒め
今宵は、葉も花も、すべて刻んで炒めものに♪